トップページ > ビルベリーとブルーベリーの違いは? > ブルーベリーとビルベリーはどこが違う!?

ブルーベリーとビルベリーはどこが違う!?

ブルーベリーはツツジ科スノキ属に分類される果樹の総称で約300種類が含まれます。 日本でジャムやヨーグルト,スイーツに使われるブルーベリーは北アメリカ原産の栽培品種で 樹高は1.5~3mほどになり、春に白い花を咲かせます。

一方、ビルベリーは北欧が原産の野生種で高さも20-30cm程度にしかなりません。 ブルーベリーの一種なのですが、日本でいう一般的なブルーベリーとは全く別のものです。

ブルーベリーもビルベリーも見た目は紫色の小さな実をつけます。 見た目はほとんど同じなのですが、 決定的な違いは目の健康に役立つ有効成分アントシアニンをビルベリーの方が3倍以上も多く含んでいること。

アントシアニンはカロチノイドの一種で紫色の色素を持っています。 ビルベリーやブルーベリーの実が紫色なのはアントシアニンの色なんですね。 ビルベリーとブルーベリーを半分に切って比べてみると色素の量が全く違っているのがよくわかります。

ビルベリーは現在でもフランスやイタリア,ニュージーランドなどの国で医薬品として効果が認められています。 残念ながらブルーベリーはアントシアニンの量が少ないため医薬品としては認められていません。

ほとんど見かけは同じ果実なのですが、目の健康という意味ではブルーベリーではなくビルベリーです!

ビルベリーは北欧原産の野生種のため日本で果実を入手するのは経済的にも物理的にも現実的ではありません。 目の健康のためにはビルベリーを取るには、やっぱりサプリメントが一番手軽で効果的です!





やわた
ブルーベリー



リフレ
ブルーベリー&ルティン